不動産物件は絶対価格交渉するべき

不動産物件は金額の大きな取引です。ですので相手のいい値で取引する必要は絶対ないです。自分の適正であると思う価格を提示して、それが多少無理のあるものでも提案はするべきです。どうしてもほしいという感じがこちらに出てしまうと相手はそこをついてくるので、価格交渉には応じないですが、別にいま無理に買わなくてもいいがこの値段なら考えるぐらいの態度で臨むべきです。 実は不動産物件の価格は、その周辺の相場にあったものはありますが、それが実勢の価格というわけでなく、あくまでも参考価格なので交渉によって価格が決まることが多いです。ですので売り出しの価格の100万円や200万円の値引きは当たり前で、売る側がそれにどれだけ妥協してくるかどうかなので、かなりの無茶ぶりも許容されます。交渉の方法として例として2500万円の物件ならまず無茶な2000万円で提案して、最終の落としどころとして2250万円までの値引きで交渉成立させるなども可能です。このあたりはかなり強気のものでよく、この交渉成立しないならまた別を探すぐらいの余裕のスンタンスが大事で、こうすることで自分の当初からの思っていた納得のいく価格で不動産を取得できると考えられます。
 価格交渉していくうえでは、やはり双方のやり取り、コミュニケーションでの相性も関わってくるでしょう。高額な金額の取引において、それぞれ譲れない部分もあるでしょう。相手があまりにも横柄な態度で挑んでくると、片方はやはり売りたくない、買いたくないという心情になってしまいます。取引を円滑に気持ち良く行うためにも、それぞれ相手の立場も考慮しつつ上手に話を進めていくことが大事です。

再建築不可 買取 新居浜の土地をご案内しています。 3004 6/4

Copyright ©All rights reserved.不動産物件は絶対価格交渉するべき.